読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じにつくす’s blog

単にいろいろ書きます。

玉蹴りの話 ゴールキーパーって大事だね

テクノロジーがなければ議論になっていただろうシーン。

ていうかギリギリ弾き出したんじゃなくてコーナーをキャッチングしたらここまでゴールの中に入っちゃったってのが面白い。

超ギリギリだったボルツさん(笑)
f:id:beatblues:20161205155514j:image

 

・ボーンマウス対リヴァプールの話

典型的な風呂試合、実際に前半見てリヴァプール楽勝かよって思ってお風呂に入りました。

まあ上がったら逆転してたってわけじゃないけどね、後半途中からも見ました。

最初から最後までボルツ劇場だった気がします(^^;

リヴァプールマティプがいなくてドタバタしてたのね。 最近守備が良くなってきてた気がしてたのに。

ロブレンの全盛期はセインツの時だけで軽率なミスが多いし、今回もそうでした。CBルーカスは結構謎、軽くない??

 ここ数年バタバタするのがリヴァプールでクロップ監督も試合をクローズさせるのが得意なタイプじゃなさそうだしバタバタバタバタでいってしまうのかな。

 この試合ボルツはもちろんですけどカリウスも少し批判されていますね。あれはミニョウスだと(笑)

あれをGKのミスと言うのは正直酷ではないでしょうか。デヘアも最初はよくなかったし長い目で見ましょう。

カリウスを獲得した理由はわからないけどもHGあるのかな?

 

アケってチェルシーに戻すのかな?ベニテスのときだけちょこっと出てたような気もするけど。

左側ができるし貴重なポジションだから思うような補強ができなければ是非戻してほしいものです。

 

 

マンチェスターシティ対チェルシーの話 

注目の上位対決、運が良かった(^-^)いやぁ、デブライネのQBKがなければシティの勝ちだったと思います。
先発見たらマティッチがいなくて代わりにセスクでびっくり!軽い怪我らしいけどこれでもう負けを覚悟しました……

セスクの先発は2ヶ月ぶり、343のシステムにしてからは初めてです。試合感もゲーム体力も不安だったし……

 

中央を閉じることには成功していたと思いますが、セスクケーヒルアロンソのアジリティに欠ける組のサイドで徐々に攻められてしまう。

アロンソも抜かれまくったからか怖くて寄せが甘くなっちゃってクロスを上げられてしまいました。

ケーヒルもまあ難しい対応だったかな………

 

後半少しはアグレッシブに行くもののまたも左サイドのミスで危うく失点しそうにf(^_^;

攻められてはいたもののアスピリクエタの最後の寄せでコースを限定させてクルトワがしっかりセーブ。

デブライネのQBKは完全に終わったなと思いました。

 

そのあとはまさに「あれを決められなれば………」な展開、セスクからコスタへの一撃で同点に。久しぶりに見ましたね。マジでピンポイント!

それからはほとんどシティにチャンスを作らせずカウンターでとどめを刺すことができました。

まあ勝ち点差とエティハドであることからシティはリスクをとる必要があったため仕方なしですかね。

 

試合終盤、勝負が決した状況で相手を怪我させようというサッカーでは最低最悪の行為をしたアグエロが退場。その後乱闘騒ぎ。

イーブンのボールや勝ちたい気持ちからカッとなってしまった場合のラフプレーは理解できなくもないけど、あんなの論外すぎる!

 

この試合は機能しないと思われていたセスクやウィリアンが結果を出したことによって手札が増えた大きな勝利になりました。

多少穴にはなっていたもののセスクでも中央はしっかり封鎖できていましたし、チーム全体にも戦術が浸透してそう。

モウリーニョ末期はものすごいスカスカになっていたので正直守れたことに驚き。セスクも久しぶりの試合だったにもかかわらず運動量が落ちてなかったし。

ウィリアンはまだまだモーゼズとの連携がイマイチかもしれないけど。

 

この試合MOMはジエゴ・コスタかな?警告リーチになってからなぜか絶好調(笑)

爆発的なスピードも派手なテクニックもないけど相手を抜いていくドリブルはホントすごい。いったいどうなってるんだろう。

セスクの浮きだまおさめたのちょこっとドログバっぽいしパワーもある。

 

シティは運が悪かったとはいえ、敗因を探すならCB3人のデュエルが全くよくなかったことでしょうか。

343のミラーゲームの場合、FWとCBが1対1になるのでここで負けると苦しいですよね。

あ、それとクリシ投入はかなり意味不明だった……あれ以降沈黙したし。

 

それとゴールキーパーとの連携やゴールキーパーそのものの差も感じました。

ハート待望論もまあわかる気がします。別にハートなら止めてたとかそういう気はありせんが、「何か起こしてくれる!」という期待感がハートにはあります。

この試合のブラボは全く止められる気配がありませんでした。

 カリウスと違って若くないし、追い出したのがイングランド人ともあれば批判は当然でしょう。正直繋ぎもそんなに………

今回のシティはCBとボランチのポジションチェンジがあんまり見られなかった気がします。いつも目まぐるしく変わってストーンズが持ち上がったりするのに。

 

カリウスやブラボが批判に晒されて、デヘアもロリスも最初はイマイチだったよねって言われる、一年目からプレミアリーグに適応してるクルトワまじですごいのでは?

何はともあれマティッチ不在でもベストメンバーのシティにアウェーで勝てたことはスゴい!

次の相手は好調WBA、7位ってまじ!?不気味すぎます。それに今回の勝利で燃え尽きてしまってないか心配。