読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じにつくす’s blog

単にいろいろ書きます。

今週の玉蹴りの話とレスターの話

1516シーズン サッカー

トッテナム引き分けた!?


レスターは夢の劇場で優勝できるか!?
まあでも勝てなくてもその後のホームのエヴァートン戦で負けるとは考えにくい。
ホームだしエヴァートンめちゃヒドいしもう頭は完全にユーロでしょう……

まあ俺たちがスパーズに勝ってやるから安心しなレスター byこの前ようやく初ゴール決めた人。

今シーズンも残りわずか、今の僕の興味はミケルがヒディンクに何をしたのかでいっぱいです。こっそりブラジャー付けてたとか弱みでも握ってるのか?

ここまできたら中位チームはほとんどシーズン終了してるのでモチベーションが落ちていますね。
スウォンジーチェルシーもね。
エヴァートンもカップ戦敗退したのでもう終わり、レスターに負けてくれるはず……

ただそんな中でのWBAの奮闘は本当に驚き。ピューリス恐るべし。
むしろ欧州カップ圏を争うサウサンプトン、自力のあるチェルシー、残留争いのニューカッスルのほうが難しい相手だと思っていたのに。


他のところではユベントスがさっさとリーグ優勝。
正直セリエAには完全に魅力がなくなってしまった…
ミランは監督解任で本田はあっさりパンキナーロ。昨日は出たみたいだけど。
今時4312はないやろWCCFかよ。

ブンデスは開幕から優勝が決まっているのでまあドルトムントはよく頑張りました賞ですね。でもフンメルスも引き抜かれそうで完全終了してまう…
カップ戦決勝前に移籍発表とかやってきそう。
日本人選手は怪我アンド降格とちょっと微妙。
ヘルタは急ブレーキでCL権危うし…

リーガは落とすならヒホン戦だけだと思っていましたが謎の快勝でほぼ優勝決まりと思っています。
でも降格圏チームとの戦いはどうなるかわからないかな?


CLELベスト4ですが

アトレティコはゴディンなしでどこまでやれるか…ていうかここでバイエルン負けたらペップ失敗って言われちゃうでしょ!
でも神の子の独走ゴールに期待する。

シティ対レアルはレアルが油断してくれたらシティ(笑)
シティもペジェグリーニもここまで感がとても強いんだけどね……


リヴァプールビジャレアルは何とも言えない……
ビジャレアルはここのところ微妙な調子になってるのでどうなることやら。
リヴァプールはサコが出場できず、さらについにこの前ミニョレったので不安ですねー。

セビージャとシャフタールはわかりません!


さて今回は何となく個人的なレスターに対する印象、レスターとは何ぞやってのを語りたいと思います。
あ、別にデータに基づく分析とかするわけじゃないです。
チーム年俸比較とかもしません。シティとは比べものにならないことになっているとだけ言っておきます。

レスターシティは1314シーズンに二部で優勝、1415シーズンにプレミアに昇格しました。
ちょっと前に日本人選手がいましたが全然知らなかった……
レスターといえば、ギャリーリネカーがいたくらい?とかそんな印象だけ………

1415シーズン、レスター対マンUの試合がバカ試合すぎて面白かったのですがそれ以降ほとんど最下位。
ていうか3月終わりまで最下位でした。安全圏まで7差くらいだったかな?消化試合数にバラつきはあったけど。
降格争いどころか降格濃厚と言われていました。
ただレスターって為す術なくボロ負けとかはあんまりなくて、結構惜しい試合も多かったんですよね、確か。

そこでここから有名な7勝1分1敗の大快進撃が始まり最終的には14位で残留を果たしました。総勝ち点の約半分をラストの9試合で取っちゃったことになります。
(ちなみに1敗したのもチェルシー相手、このシーズンのチェルシーは強くて無敵、ていうかワールドカップ始まる前にこのシーズンの優勝を確信していました)

そしてオフシーズン、岡崎慎司の移籍の話が出ます。
一応冬にもありましたが、いきなり降格濃厚のチームに行くのかよってことで冬の移籍にはなりませんでした。そこで残留したことでもう一度オファー。
いろいろ言われていましたね、マインツブンデスでも中位くらいで悪くないのに降格争いしそうなチームに行くのか?とか。
(実際マインツは今シーズンも健闘していますし)
ただ「奇跡の残留劇」があったから悪いチームじゃないんじゃないか?という意見が結構あったと思います。
僕もそう思っていたしプレミアリーグでも見たいなぁってのが一番の理由。

そして移籍決まる前だっけ?後だっけ?たぶん同じ頃だったと思うけどいろいろトラブルが起きて監督が解任されます。
オイオイ…で、後任がラニエリでオイオイ…ギリシャでイマイチだったし何よりフレッシュな監督のほうが良かったなぁってのが本音でした(笑)

岡崎の移籍も決定しますが正直ポジションがどうなるか不安でしたね。
最初はヴァーディーとの争いでウジョアがスタメンだと思っていましたし。
昨シーズンはヴァーディーが二列目ウジョアがトップでしたので。

岡崎移籍によってテレビ局もレスターの試合を放送していくことになります。
これは【岡崎慎司出場予定】(出場せず)か!?と思っていました。
さらにほかのビッグクラブの中継が減ることに怒る他のサポーターたち……
この時はまだ自分たちがレスターより下の順位になるとは夢にも思わず……


で、始まってみればヴァーディーマフレズ劇場。マフレズ?マレズって誰??って感じでしたね。
たぶん現場の人たちも同じで全く想定外だったと思います。

まあ中堅チームのFWが前半戦ブレイクするってのはたまにあることだよね(笑)くらいに思っていました。
このときは安定感はなくカンテがトップ下してたりもあったかな?そんなわけで失点もめちゃ多かったです。
どうせ12月までだろ(^_^)ってみんな思っていましたね。

でも冬以降はヴァーディーマフレズは警戒されましたが守備が安定してきます。
気づけばクリーンシートが増えてご褒美のピザパーティーもできなくなりました(笑)
スタメンも完全に固定され、プレミアリーグのファンなら11人暗唱できるのでは?
マンCとリヴァプールの連戦に勝ったことでいよいよ優勝候補に。

そして勢いは衰えることなく残り1勝まで来ました。


レスター大躍進の理由は何か。リーグ戦しか戦ってないから疲労がたまらないのもまあ理由の一つではありますが…

一番の理由はビッグクラブの低迷だと思われます。
チェルシーは強烈な逆噴射でシティも高年齢化で失速、アーセナルはある意味平常運転ですが(笑)

二番目はマフレズやカンテ、もちろん岡崎も含めてですがいろいろな戦力がハマったことでしょうか。もちろん当てはめたラニエリもすごい。

大きくはこの二点だと思いますが、これは前半戦のブレイクの要因で優勝!の要因はやはりコンビネーションの良さ、チームの完成度だと思います。

攻撃も守備もコンビネーションが完璧!
岡崎とヴァーディーの動きが被ってるってことは皆無ですし守備陣もチャレンジアンドカバーがよくできています。
ウノゼロを量産し続けたのも納得です。

またそれぞれの個のレベルも一気に引き上げられたんじゃないかなぁと思います。
ドリンクウォーターは間違いなくユーロに行くべきでしょう。今のイングランドにスルーパスを出せる人はいない。
オルブライトンはちょっとなさそうだけど…

オルブライトンは結構今シーズンのレスターで好きな選手です。反対側のマフレズが自由を与えられていますがこちらは規律を守るタイプのサイドアタッカーです。
レスターがカウンターを受けているとき、最後にクリアしてるのがオルブライトンってことが結構あります。
岡崎以上に走り回っているイメージなので怪我をかなり心配していましたが何とか持ちこたえましたね。

岡崎は点が取れていないものの、まあヴァーディーマフレズがいるのでやはり点取り屋としての仕事ができないのは仕方ないですね。
チームのシステムが彼に点をとらせるシステムになっていない気がします。

ジョアは岡崎のようなスプリントができないのでやはりスタメンには岡崎がいいと思いますが、
最近の試合を見ているとその部分も向上していて、今後の試合では岡崎がベンチになってしまうかも?と思っています。


それからもう一つ、優勝の要因として相手チームがあんまり対策?をして来ないというのもあると思います。
プレミアだし真っ向勝負したがりかな?ブンデスも割りとそうだけどセリエじゃ有り得ない気がする。

もちろんヴァーディーマフレズ個人に対しての対策はしっかりしていて現に得点ペースは減少しましたが、チームレベルでの対策はあまり……

首位チームといえども全員そこまで上手い人(シルバのようなタレントはいません)はいないのでドン引きすれば絶対苦しむと思うんですけどね。
ドン引きはカウンター主体のチームへの定石でモウリーニョがこれに弱かったりクロップもあっさりこれで撃沈してしまいました。

でもこれをしてきたのはたぶんノリッジくらいだと思います。あれはギリギリウジョアの得点で勝ちました。
あとはポゼッションが50を超えたという意味ではニューカッスル戦がそうでしたがあれは岡崎のバイシクルの1点を守りきりました。

ほかのチームはだいたいみんな前に出てきます。
これが結構不思議で「チェルシー相手なら絶対にドン引きしてくるのになぁ」と思っていました。

ただ僕の中で一つの説が有力だ!という結論に至りました。

たぶん「降格争いをしそうな奴らで年俸も高くない、そんな相手にドン引きだなんて有り得ない!」って考えてる人が多いのでは?と。
バルセロナは上手いから仕方ないけどレスターの奴らそんなに玉蹴り上手くないのにボールを渡すなんて!
っていうのが僕の説です。


あ、最後に忘れちゃいけないのは「運の良さ、神が味方している」ってことです!(笑)

この前のウエストハム戦、立ち上がりの相手のヘディングがポストに当たり反対側のポストに当たりゴールにならなかったシーンを見ると「フットボールの神」の存在を考えてしまう。
そしてスパーズ対WBAでポストポストで本当にギリギリで入らなかったり……(これはスパーズ伝統の負の女神かな?(笑))


優勝した!みたいなふうに書きましたがここからまさか優勝逃すとかやめてくれよレスター!頑張って!