読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じにつくす’s blog

単にいろいろ書きます。

玉蹴りの話と庭玉の話

サッカー テニス 1617シーズン

最近携帯を買い替えまして、ようやく操作に慣れてきたかなぁってところでブログ投稿します。

チェルシートッテナムの話

f:id:beatblues:20161129102119j:plain

無失点は途絶えたけど7連勝!トッテナムは無敗の5位からただの5位になっちゃいました。
失点したけど逆転できることを示したので、正直2ー0より意味のある勝利かもしれません。

トッテナムチャンピオンズリーグで主力を温存して敗退したあとのリーグ戦も負け。意味のない1週間が完成(笑)
CL権のためにCLを捨てるなよ。二年前のリヴァプールもそうだったけど。


試合は前半はポチェッティーノらしいビエルサプレス!!
これまでのチェルシーのビルドアップは必ずフリーの選手を作ってそこにパスを出していくというシンプルなものでしたが(でもそのやり方を完成させてるのはすごい)、トッテナムチェルシーの後方全員に猛プレス!
チェルシーの下手くそな選手たちではプレスをかわせるわけもなく苦しいロングボールを繰り返すことになりました。
そしてボランチのワニャマとデンベレがムキムキすぎてボールが奪えない(T_T)

まあでもこれは予定通りだと思います。あんなプレスは90分持ちません。慌てなきゃなんてことはない。

しかしペドロ、カンテ、モーゼズのトライアングルの間をソンフンミンやアリ、エリクセンに良いようにやられてしまいました。
ペドロのフォローが足りず、カンテもデンベレ相手は難しく、モーゼズはどこを守ったらわからん状態。
そして最終ラインはズルズル下がるだけ、最後はルイスが飛び出すもかわされてエリクセンにやられてしまいました。

失点シーン見るとほんと誰も飛び出してない…3バックなんだから誰か飛び出さないと!
ルイスが自分で飛び出したけど彼の課題はパートナーに行け!って指示を出すことでしょうか。
この場合はまずアスピリクエタが突撃すべきだった。
そして最後までディレイし続けたケーヒル君は猛省してください!名古屋グランパスかよ!!

その後は攻められるけどまあ大きく崩されることはなく、まあウォーカー対アロンソのスピード勝負のところが怖かったけど(^^;
でも最後のところではやらせませんでした。
トッテナムはシティにはとれた追加点がとれず、前半終了間際のペドロの同点ゴールで勝負は決しました。

右サイドでボールを運んで両ウイングバックを高く上げるいつもの戦法がようやくできました。プレスが緩めばチャンスあり。
そしてマティッチが「ボールを寄越せ!」と要求します。あの位置でフリーになった左利きのマティッチはあらゆるパスコースを選択できますね。
今回はアロンソと見せかけて中のペドロへビシッ。そこからはゴラッソでしたけどマティッチとしては狙い通りだったかと思います。
マティッチさん左足なら神!


これでもうこの勝負は終わりです。結果は見えていました。
トッテナムはあんなプレスを後半続けることは無理であること、そして苦手スタンフォードブリッジで巻き返すだけのメンタリティを持っていないからです。
やっぱりトッテナムは若いチームなのでここが大きな弱点になっちゃいます。


後半はペドロがカンテのヘルプに入るようになりボールを奪取、アザールコスタの縦列車からのモーゼズ。モーゼズがまさかこんなふうににるなんて……
ソンフンミンはもう前半で燃料切れだったので戻れませんしヴィマーはペドロに食いついちゃいました。
ローズの出場停止は痛かったなって場面かも。

トッテナムは意外とバテることはなく攻め続けましたけどヤンセンではf(^_^;
ヌクドゥが何度もイバノビッチをヌクドゥしてきたのは怖かったけど!

トッテナムは前半はシュート10本だったのに対して後半はたったの2本でした。
心身ともにバテバテだったね…


前節のミドルズブラ戦はペドロが決定機を決めてくれなくて危なかったけど今回は決まって良かった。
次はアウェーのシティ戦、まあ難しいね。
てかいつの間にか首位!?すごいぞコンテ。



・他のチームの話

ほかの上位チームも苦しみながら勝利。勝ち点30以上が3チームもいるハイレベルな争い。年間勝ち点90ペースだしナニコレ…


リヴァプールはちょっと苦戦したけど守備は安定しちゃいました。手強い。
カリウスもだいぶ慣れてきたみたいです(信じられないミスもありましたが(笑))
苦戦してるのはララーナがいないからでしょう。もうこのチームはララーナなんです。

コウチーニョが年内絶望は大打撃!だけどララーナさえいれば勝ち点はとれます。
逆にララーナがいなかったら大ピンチ!
シティ戦が残っているだけにね。でも乗り切れる気がします。
それよりコウチーニョだけじゃなくANCでマネが抜けてしまう1月がヤバイかも?


シティはヤヤトゥレという新戦力も加わり選手層はプレミアどころか欧州一かも!
唯一アグエロが不安ではありますが…


プレミアリーグは欧州コンペティションのないけど選手層が薄いリヴァプールチェルシーか、選手層は厚いけど欧州コンペティションがあるシティかに絞られた気がしますね。
シティが12月にチェルシーリヴァプールアーセナルと上位勢との対決を全て残してるので12月面白そう。

まず最初のシティ対チェルシーだけどこれはシティに分がある気がするんだよね。
チェルシーはもともとアグエロもヤヤトゥレもエティハドも苦手だし。
トッテナムにも中盤圧倒されてたからシティともなるとさすがに防ぐのは難しそう。


マンチェスターユナイテッドはまあ脱落でしょう(笑)マンチェスターのシティよりハルシティのほうが勝ち点は近い有り様。
1チームなるともかく上のチーム全てを抜くのは厳しいのではないでしょうか。
ま、チェルシーを16位にして首になった監督を世界最高年俸で雇っちゃうフロントは…(笑)



・他のリーグの話

ライプツィヒが首位!?どんだけアンチェロッティはリーグ弱いねん!?

ライプツィヒをレスターに例える人もいるけどレスターとは違いますよね。
確かお金もブンデスじゃ上のほうじゃない?シーズン前からダークホースと呼ばれていたし。
レスターの奇跡は負け犬の大逆転劇!って感じですけど、ライプツィヒの場合は新時代到来って感じ。

ライプツィヒは明確なビジョンのもと有望、有能な若手をとって良いサッカーをしているらしい。
ライプツィヒの試合見たのずいぶん前だけど、活きのいい若手を使ってアグレッシブに走り回るブンデスらしいサッカーだったと思います。

そして迷走気味のドルトムント……なぜあの監督がペップの後継者なのか。ファンハールじゃん。
まあ同じかもしれないけど。


ひっそり高徳がHSVのキャプテンに…明らかに敗戦処理だしクラブ史上初の降格をさせたキャプテンとして汚名を被るんじゃないかと心配。
でもミス連発で最悪のジュルーじゃキャプテン変更も当然か。



リーガエスパニョーラの話

リーガではクリスティアーノロナウド限界説からのダービーでハットトリック。なんやこの男……
でも固め取りが多いしやっぱり歳かな?
しかしあのメンバーで負けてないってジダン結構すごくない??
マルセロナチョヴァランカルバハルで前にモドリコバチで守れるって。

実はマドリードダービーの時間起きてたのに見ていませんでした。
錦織くんを見ていたので……ものすごいボコボコだったしこっち見たら良かったって思っちゃった……

レアルは怪我人多発の中でもうまくやりくりしていますね。ってかコバチッチ普通に戦力になってて驚いた。
ルーカスバスケスくんはプレースタイルとレアル枠として案外スペイン代表に定着しそうな気がします。

心配なのはアトレティコ。まあトーレスはともかくキャプテンのガビも同時交代させてるのは気になります。
要するに「ミスターアトレティコ」の二人を同時に下げているわけですから。何やらシメオネの強いメッセージを感じます。
チーム状態は大丈夫なのかな?


バルセロナはやっぱりアノエタでは勝てず。なんなんでしょうね。べストに近いメンバーなのに。
アノエタの魔力はすごい。
まあでも正直今のバルセロナはヒドイと思います。雑で適当、チームコンセプトも見えない。
雑にやってもMSNが個人技でとっちゃうクソサッカー。なんかレアルよりレアルになっちゃってる。

次節はクラシコ、予想すると、イニエスタが戻ってきたらバルセロナの勝ちです。戻って来なかったらレアルマドリーの勝ち。
バルセロナの控えの質は正直イスコにもコバチッチにもアセンシオにも大きく劣ると思う。

もしレアルマドリーが勝つと勝ち点9差。だけどレアルはクラブワールドカップがあります。
後半戦失速は間違いないですのでまだわかりません。


久しぶりに清武が出場しました。良かった、頑張って!
後半頭からってことはまだまだ戦力として数えられているはずですし!スペイン文化に適応できれば活躍できる!
ガンソのほうが早くも怪しくなってるのかな……

乾がまだまだ好調、このまま好調なら代表に呼んでほしい。
やっぱり海外組は「切り替えの速さ」という点で国内組とは全然違いますので。
ただ乾は並が激しくて3月にはまたベンチになってる可能性もあるけど(^^;




・ちょっとだけテニスの話

マドリードダービー見たら良かったってくらいボコボコだったけど錦織くんベスト4はすごいことです。
マレーとは良い試合してましたし持久力の問題かな?
チリッチに勝てない病になってる感があるのが心配……

そのチリッチとデビスカップで死闘を繰り広げてついにデ杯制覇を成し遂げたアルゼンチンのデルポトロが後半戦の主人公でしたね。
チリッチとの試合すごかったしゲーム体力も戻りつつありそう、来季が楽しみですね。
カムバックから迷惑シードとして上位勢をなぎ倒していき、最後にタイトルをとったしすごい。
全豪ではギリギリシード選手にはなれそう??