読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じにつくす’s blog

単にいろいろ書きます。

CL決勝の話

1516シーズン サッカー

今シーズンもおしまい。
寂しいけどCL決勝のお話です。

決勝のカードは二年前と同じくレアルマドリーアトレティコマドリー。
前回は何となくレアルマドリーのデシマの年だったけど、今回は初優勝アトレティコの年だ!と思っていました。
アトレティコは素晴らしいチームをここ数年作り上げてきましたしそろそろ報われてほしいな、って。
レアルはファックスベニテスペレスでゴタゴタだったので今年は譲ってあげようよと。

スタメンは両方とも何気にベストメンバーっぽい?
ホセマリアヒメネスとサビッチの普段の序列がわからないけども……
もちろんアトレティコはチアゴが長期離脱していましたが。


試合は開始からレアルマドリーアトレティコにボールを持たせる展開。アトレティコのような堅守速攻チームへの常套手段ですね。
不思議なんだけどああいうチームがボールを持つと守備すらもリズムを失ってぐらついてくるのは何でなんだろう。

そんなこんなでセットプレーから得点。二年前と逆の展開!素晴らしいキックからの素晴らしいフリック。クロースもベイルもスーパーですね。

リードを奪ったレアルはさらに塩漬けにする展開。ジダンはこういう試合を殺してしまう才能があるかもしれない!?と思ってます。
まあアトレティコのように全員守備ができるわけではないのでちょっと緩いけど、インテンシティすらゆるーくするジダンマドリーの塩サッカーにアトレティコもお付き合いした格好でしょうか。


前半はこれでおしまい。ねむーい試合に感じてた人も多いのでは(;^_^A

気になったのはセルタからきたヤツ(アウグストフェルナンデスだっけ?)が完全に存在感がなくてどこもかしも数的不利を感じたところ。先制された時点で役割を失った感。
それからトーレスもいないも同然の動き。アトレティコは本当に数人しか攻撃してなかったと思いました。

それからベンゼマはたぶん良くないベンゼマでした。ポストプレーはするのでトーレスよりはマシだけど。
ニアに飛び込む動きはいつになったらできるようになるのか。

ロナウドはコンディション50%くらいじゃね?って感じ(笑)


そんなわけでカラスコ投入。これで攻めに転じたアトレティコのサイドが活性化していきなりPKゲット!
しかしこのPKの場面、トーレスはパスに全く反応していなくて遅れたためにボールがイーブンになりぺぺが行き過ぎてしまった結果な気がします(;^_^A
何が言いたいかと言うとトーレス何もしてねえ!ってことです。トーレスが普通のFWなら逆に普通にポストプレーしてPKになるような場面じゃないような……

しかしグリーズマンがPK失敗!
大舞台のPKは利き足の逆側に蹴りたくなる(要は蹴りやすい方向)と思うのでナバスは右へ飛ぶ、それを見越してグリーズマンは真ん中高めへ叩き込もうとしたのかな?
まあ難しいよね。これが決まってたらなぁ……

レアルマドリーにアクシデント。カルバハルが負傷交代。ダニーロという穴が投入されます。
事実とはいえあまりに批判されるダニーロかわいそう(笑)
まあ実際カルバハルとのクオリティの差は大きいと思いました。
それでも今回は何とか仕事をやりきっていたかと思います。相手の起点になりかけてるけど(笑)

レアルマドリーは相変わらず引き気味、アトレティコのサイド攻撃という構図でレアルの守備はそこまで激しくないし同点有り得るなと思っていました。

でも決定機はレアルのほうが多かったですね。カウンターで何度もゴールに迫りました。
こういう場面でのオブラクはマジですごいわ。

レアルが二回目の交代、クロース→イスコ。えぇ!?ジダンはクロース嫌いなのかな?これは正直完全に失策だと思いました……
結局イスコはいいところを見せられず……

それからベンゼマに代えてルーカスバスケスくん投入。三枚目切るの早いよ!!
でも交代そのものは妥当だったかもしれない。もう一枚交代が残っていたら。
あーロナウド壊れそうだよユーロは無理かな。
でもバスケスくんは結構好きな選手です。疲れてきた相手におりゃー!って行くタイプの選手は有効だと思うし。
実際そこそこのチャンスあったと思います。

ついにアトレティコの攻撃が実り同点。狙い通りかな。
交代枠を使い切ったジダンに対して交代枠を残してるシメオネ、どうなる!?
かと思いきや、控え選手がしょぼくて代えられなかったシメオネ

あとはグダグダの延長戦です。
ディマリアがいればなぁ……(ただ僕はディマリアの放出については間違っていなかったと思っています)
まあバスケスくんがそうなるには経験値がちょっと足りなかったかな。
イスコは何もできず…

PK戦。いきなりバスケスくん!でもめちゃくちゃ上手い!こんな大舞台でどうしてあんな余裕があるのか!?この人すごい!
オブラクのPKは………うーん怪我してるのかなってくらい動きも少ないしタイミングも全く合わない。もちろんレアルの選手が全員めちゃくちゃ上手かったのもあるけどね。
PSV戦はどうだったんだろう。

最後にこの試合何もしてなかったロナウドが決めてレアルマドリーの勝ち!!
ロナウドは間違いなく持ってる。マスコミ受けもめちゃくちゃ良い写真が撮れました。
もちろん努力した結果舞い込んできた幸運ですが。


結果レアルマドリーのウンデシマとなりました。うーん面白くない!
最も勝敗を分けた点ははズバリアトレティコマドリーはCFの補強に失敗しちゃった!ってことですねきっと(笑)

でも決勝らしい相手の良さを消していく展開だったので僕としては満足。割とそういう決勝は好きだし、決勝戦ってそういうもんだよね。
シメオネジダンカルチョを良く知るからこれはイタリア式だ!って言う人もいましたね。
レアルマドリーが勝てたのは固有のスタイルを持たなかったからかもしれない。
レアルマドリーのボールを持たせてラインは低めのやり方はバルサバイエルン、たぶん他の強豪チームにもできない戦い方だったと思います。



何人かわからない選手もいるけど僕のイメージで選手一人一人を語っていきます。



レアルマドリー


ケイラー・ナバス
うーん今回はそれほどの見せ場はなかったかな。それだけDFたちが未然に防いでくれていたかも。
PKも今回は良いとは言えなかったけどやるべきことはやりました。最後はフアンフランのPKを読んでいたので良し!

セルヒオ・ラモス
後半あわやレッドカードとも言えるタックル。だけどそれまでこの人イエロー貰ってなかったことに驚き。
いつも以上に集中していたってことですね。見事に守っていたと思います。
先制点もとりましたしMOMですね。

ぺぺ
とにかくレアルマドリーはこの2人のセンターバックが強すぎる。強いし怖いし速いしパスも上手い。
特にぺぺは素晴らしいパフォーマンスだったと思います。いやすごいわ。余計なファウルもすっかりなくなったし。
そしてファウルが必要な場面ではしっかり蹴りを入れてカウンターをストップ。そして時間稼ぎの演技。恐れ入ります。

カルバハル
涙の交代、代表ではフアンフランとポジション争い。
上手いし戦えるファイターでもある。好きな選手です。
守備も攻撃も上手くて前半はアトレティコを完封していたと思います。攻撃も守備もワールドクラスですね。
今回のように少し引いて守ることもできるし攻撃的になれば得点にも絡めます。

マルセロ
普段はザルだけど今回はそこそこ踏ん張ってた。
サイドバックなのにこの縦にも横にも抜けるドリブル。しかも終了間際まで衰えずアトレティコを疲弊させました。

カゼミロ
守備専。グリーズマンにもトーレスにもほとんど仕事をさせず。
レアルマドリーの守備のキーマンになりました。ブラジルはこんな感じのボランチが多いですね。
もう少し攻撃でも何かできたらいいけど上がるべきところでは上がっていたのでそれで良しでしょう。シュートもしたし。

ルカ・モドリッチ
今世界最高のCHはこの人!って思っています。上手すぎ。
ハードワークもできるしスルーパスも上手いしサイドチェンジもできるしプレスをあっさりかわすドリブルもあるし。
何が足りないかわからない、得点感覚?
試合終盤でも頑張っていました。
ただ本調子な気はしなかった、アトレティコのマークもすごかったけど。

トニ・クロース
何で代えられたのかよくわからない。怪我?
スーパー横パスマシン。ここまですごいなら横パスマシンでも強力。全くロストしないしパスの選択も上手いし。
プレースキックも上手いしさすがワールドカップチャンピオン。
もう少し長いパスを使えるといいんだけどなぁ。

ギャレス・ベイル
波はあるけど決勝には合わせてくる男。
終盤になって調子をあげてきてチームを最も牽引した人だと思います。
この試合地上戦、空中戦でも存在感を発揮、足キツそうだったけどPKもばっちり。
もう少し守備してほしいと思うけど……守備するときは結構上手いしSBとの守備の連携もできるし。

クリスティアーノ・ロナウド
何もしてなかったけど美味しいところは持っていった男。
でも最低限ジダンに従って守備していた印象。
痛いだろうけど全力でゴール前に走っていた。こういう全力な姿勢のヤツに幸運は舞い降りるんですね。

カリム・ベンゼマ
最初のあたりでニアに飛び込まなかったあたり、あぁ今日はイマイチかなと思いました。
実際ボックス内の存在感が……
でもポストプレーはホントに上手い。おしゃれ系CF。
ベイルやロナウドを生かすならこれ以上のCFはいないと思うだけにもっとガッツを見せてくれ!
あとはアンカーにプレスかけて!

ダニーロ
いつも戦犯だけど踏みとどまった。
やっぱりカルバハルに比べるとなぁ。
それでも今回は持てる力は出していたし集中力も保っていたかな。

イスコ
なぜ出てきたし。
上手いだけの存在になってしまってる。判断が良くないし縦へ走れないしで中途半端。
中堅どころとまでは言わないけどレアルよりワンランク下のクラブで王様やるほうがいいと思います。

ルーカス・バスケス
スペイン代表おめでとう!
たぶんヘススナバス枠?ヘススナバス連れていけよとも思うけど。
何はともあれこういうタイプのサイドハーフは好きです。上手いでしょタイプよりは。
今回大活躍とはいかなかったけどこの大舞台であのPKはお見事です!



アトレティコマドリー


オブラク
シュートストップ能力なら世界トップクラス。ていうか普通にワールドクラスのゴールキーパー
彼でなければこの試合は面白くなかったと思います。
ただPK戦はどうしちゃったんだろう……迷ったら利き足の逆に飛べばいいのに。
ゲームでPK真ん中に蹴る奴に裏を掻いて何のボタンも押さなかったけど普通に横に決められて微妙な空気になるヤツだよこれじゃあ。

ゴディンとサビッチ
なんかあんまり印象にないんだよなぁ……
アトレティコ人海戦術な守備なのと持たされてたこともあって。

フィリペ・ルイス
なぜチェルシーでフィットしなかったのか。
カラスコと共にサイドを荒らしていました。サポート上手い。ダニーロが微妙なポジショニングでオロオロしてしまうのも仕方ない。

フアンフラン
世界最高の右SBになっているかもしれない。ラームがいるけど代表に出てる中なら!
毎回上がり方うますぎない?試合の展開を読む力、パサーと阿吽の呼吸で抜群のタイミングで上がる。普通上手く行かないことも多いだろうのに。
アシストもそうだったかな?マルセロも猛攻をしかけていたけど終盤までおとろえず。
PKは残念だったけど責める人は誰もいないはず。

アウグスト・フェルナンデス
戦術の犠牲者。
普段のプレーをあんまり知らないんですよね。たぶんレアルの攻めに対してプレスしてカウンターする予定だったんだろうけど。
レアルがあんまり攻めてこないしおまけに先制されたことで役割を失いました。

ガビ
時にはCMFで時にはDMFでシメオネ流を一番知っている人かな?チョリスモだっけ?
頭がいいと思います。4141と442の使い分けはこの人無しに語れない。
その時の役割に応じてしっかり動きをかえられる。攻撃参加するときも良かったです。
ガビのサイドチェンジでレアルマドリーのそこまででもない守備を揺さぶっていました。PKも同点弾もそういった動きから。
もう少し長いパスが出せたらなぁ……ちょっとコケを経由しすぎ?

サウール・ニゲス
この人絶対すごいヤツになる!スキルもいいし泥臭くもなれるし。
この試合はいろいろなところに顔を出していた印象。時には真ん中も。
だけど攻撃力という観点では物足りないかも……そりゃ比較相手がモドリッチクロースだから仕方ないか。
WCCFで引いて破り捨てたことは謝ります………

コケ
めちゃくちゃ好きな選手。戦える!上手い!面構えもカンペキ!ひたすら走りまくる。
ゲームメイクもするしゴール前でも存在感を出せるしスーパースター。いつかアトレティコから去るのかどうなるのか気になる……
いわゆる「上手い」だけじゃないのがいい。
前半はどうにもならなかったけど後半は数的不利も解消されてグリーズマンとのコンビも良かったです。

アントワン・グリーズマン
エースの宿命としてガッツリマークされてましたね……
バルサバイエルンのようなスペースは与えてくれずレアルのCBとカゼミロの3人に完封状態。
後半はサイドに回ってレアルの守備も少し緩くなったのでPK獲得にも貢献はしていました。
ただこの試合ではやはり一番マークされていたのでグリーズマンにとっては難しいゲームだったかな。
PK失敗は仕方ない、その後PK戦で決めるメンタルはすごい!やっぱり本物。

フェルナンド・トーレス
ザ・戦犯………アトレティコの補強失敗が全てですが。この人に期待するのは酷だけどそれにしてもおいおい。
前半に何したよ?後半もPK獲得以外何もなし。
やっぱりスペースがなければ何もできない。ぺぺとラモスでは相手が悪かった。
それでも代えられないのがアトレティコの現状……

ヤニック・カラスコ
シメオネの切り札、点がとれなかった場合後半からの投入は予定通りでしょう。
何度もサイドでキレキレの動き。ベルギーはタレント豊富ですね。
何度も攻め立ててゴールもしました。アトレティコ側のMOM?というにはちょっと微妙かな?
追加点とる崩しまで後一歩だったかも。

残りの2人
あーなるほどシメオネが交代できなかった理由がわかりました……



監督

ジネディーヌ・ジダン
途中就任だけどビッグイヤー穫っちゃった!
でもアトレティコ対策は間違ってなかったしバルサバイエルンと同じやられ方はしなかった。
リアリスティックに勝ちにいったし泥臭くも塩臭くもなったけど監督としてしっかり仕事をしました。カリスマ性大事。
リーガのほうでもクラシコに勝って難しい相手が少なかったとは言え連勝を重ねて最終節まで追い続けました。
素人監督だ!って言う人も多いけど少しは褒めてもいいんじゃない?
交代はおいおい!って感じだったしヴォルフスブルクに追い込まれたのはダメだったしまだまだ甘い部分もあるけど。

ディエゴ・シメオネ
CL穫ってほしいなぁ、バルサ、ポゼッション全盛期で金まみれの最近のフットボールを完全に変えたし歴史を残してほしい!
新しい442全員守備の戦術ってトレンドを残したわけだし。
でもチャンピオンズリーグ初優勝ってのは難しいんですねきっと。
今の形式になってから初優勝したのはドルトムントチェルシーくらい?



主審 クラッテンバーグ
リーガ対決の中に送り込まれたプレミアの審判。最近は良いと思います。
オフサイド見逃しとかトーレスのPKも怪しくない?とかいろいろありましたが今回は良かったんじゃない?
たぶん絶対にレッドカードは出さない!って思って裁いていた気がします。
何を言っていたかはわからないけど的確な注意で選手たちも納得していた様子。
舌ペロペロかわいい



これで1516シーズンも閉幕。
次回のCLはポット1にレアルマドリーが入るのでリーグランキング7位までの首位チームがポット1になるのかな。

波乱もいろいろあったしいつも通りのところもあったし面白いシーズンだったと思います。
これからユーロ、コパアメリカ、それから一応オリンピックになるので楽しみです。

ただCL決勝組のコンディションがなぁ………