読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じにつくす’s blog

単にいろいろ書きます。

遊戯王の映画の感想

アニメ

この前遊戯王ダークサイドオブなんちゃらかんちゃらを見に行きました。

それの感想です。あ、最初に書いておくとネガキャンしかしません。
熱烈な高橋和希ファンの方は回れ右!


・まず最初、顔が違う!?
原画が違うのか!?でも高橋かずきだし加々美だしなんか違和感。特に杏ちゃんがすごいです。でもこっちのが可愛い。
バクラくんは髪型チェンジ。
最近の遊戯王っぽいといえばそうかもしれない。

・「マサキさん」
誰!?ってなった、マサキさんだったのか……ずーっとマザキだと思ってたんだけど……
あと真↑崎↓さんじゃなくて真↓崎↑さんだったのも衝撃(笑)
真崎杏16歳はマ↑ザキ↓だった気が……
家に漫画ないし昔のカードもミホとホンダと遊戯しかないので正確な名前わかんないや

・シャー↑ディー↓
これが正しい発音らしい。アニメでも初登場の頃はこの発音だったけど記憶編でシャー↓ディー↑に変わってたけど戻った。

と、まあ呼び方とか見た目についてはこんな感じです(笑)


デュエルでは

・カードの効果がわからない→調べてもわからない(笑)
デュエルに登場するカードはブラックマジシャンとガール、ブルーアイズ以外はだいたい最近出た新規カードばかり。
なのに説明がめちゃくちゃ省略されます、もう知ってるでしょ?みたいな感じ。
一緒に映画行った人に「最初に効果覚えてから見たほうがいいよ」と言われた理由がわかりました。
なんだけれど、見終わった後にカードを確認したらそんな効果ないぞ!?これ違う!?ってなりました。
オベリスクはどうやって召喚されたの???

つまりですね、あの初期のようなテーブルトークゲームなんですよね多分……どっちのターンとかどうでもよくてとにかくバーーン!ドーーン!みたいな感じ。
すごいぞーかっこいいぞー。って感じ。
M&Wの感じです。


・方界が実際のカードと違いすぎる
高橋和希は攻撃力0でヘンテコ効果持ちが大好きのようですね。
めちゃくちゃ連続攻撃しててつえーーー!!ってなりましたが、実際はそんなことできない模様。

結局のところ漫画だから!OCG厨はお帰り下さいってわけね。


・デュエルが短い
そもそもせっかく2時間の超ロングアニメ映画のくせにデュエルがGX1話なみに短いぞ!それにクォリティーも微妙!
自戒神のごとくボロボロでてきて破壊の神ダークゴッドのようなわけわからない効果のカードが出てくる。視聴者応募かよ!
あと結局和睦でよくね?みたいな展開になってしまうのも………

やっぱりOCG厨は黙らなきゃならないのか。


・次元領域デュエル!とはいったい…
謎ルールでデュエルさせられます。説明不足のまま視聴者を置いてけぼりに!
要は海馬スペシャルルール!みたいな感じで初期のモンスター出し合ってドヤ!ってゲームをやりたかったんだと思います。
そして敵の切り札で出る通常召喚でイかれたモンスター登場。
実際のカードではジュノンみたいな条件で出るのでそれはそれで強そう。
ただ方界ってヴィジャムとか使わずに方界器エアーマンだけ使った方が強くない?


・城之内くんがデュエルしない
デュエルディスク壊れたとかレッドアイズは俺の魂(ダイナソー竜崎からアンティでとった)とか言ったりいかにもデュエルしそうな雰囲気を出しながらしない!
2時間あったのに遊戯海馬とゲストしかデュエルしないしデュエルも超スピードなので物足りなさすぎる!


・後付けのよくわからん部分が多すぎる
せっかくの二時間を後付けで埋めてしまうのはうーん。じゃあなぜシャーディーはミレニアムアイをペガサスに付けたのか?
あと千年秤に出番はありませんでした(笑)
千年秤が使われてるの見たことある人はそろそろアニメとか卒業してるんだけど(;^_^A


・せっかくのラストが闇属性と戦う時攻撃力が5000になる!!っていう単なるメタカード
まあOCGにはいろいろ他に効果はあるんだけどこれはないでしょ!
イメージしたカードをドローできるから楽勝だわなo(`ω´*)o


まあこんなところですけど正直突っ込みどころが多すぎてまだまだ足りないかも。
結局のところ、原作が好きな人向けなのかな?というのが正直なところ。
とにかくこれなら二時間じゃなくてよくない??

もう公開して時間が経つので「チケットの売れ行き、映画開始時に入っているお客さんの数」と「映画が終わった時のお客さんの数」が見た感じ合いません。
どうやらアンディメンション化されてしまったようです。

来週はマハードのためにたくさんのデュエリストが映画館に足を運ぶと思いますが、気をつけてください。