読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じにつくす’s blog

単にいろいろ書きます。

星のカービィの話 鏡の大迷宮編

ロボボプラネットが発売されました。
なので今日はカービィの思い出話をします。

だいたい2ヶ月くらい前かな?ずーっとナイナイ!って探して諦めていたカービィのサントラが見つかりました!



f:id:beatblues:20160430225112j:plain


これ、クラブニンテンドー鏡の大迷宮購入者特典だったかな?
中身はエアライドが多めです。スチールオーガンとか好きでした。
あとヨーグルトヤードとレインボーリゾートが大好き。
でも一番聴くのはリップルスターかもしれない、かっこいいよね!
カービィの音楽はめちゃくちゃ好きで何よりとっても弾きやすいんですねこれが、グリーングリーンズを子供の頃弾いて楽しんでました。

そんなわけでこのサントラだけでも買う価値があったし内容も神ゲー鏡の大迷宮について語ります。


この作品は2004年春に登場、確かWiiUバーチャルコンソールで出てるかな?
熱心な3DSファンなら3DSでプレイできます!僕もそうです!

鏡の大迷宮カービィシリーズとしては異質な部分、それと今のシリーズの原点とも言える部分が合わさっています。


まずウイスピーウッズじゃなくてよくわからん岩タイプのウイスピーウッズになっています(笑)皆勤賞が途切れました。

それはさておき、このゲームは他のカービィシリーズのように普通にステージを進めていくゲームではなく、オープンワールドで自由に走り回るゲームです。
大迷宮の名の通りマップを入手してそれを頼りにボスのところまで行く感じ。8体のボスを倒すとラスボスにチャレンジできます。

まあ早い話がメトロイド風です。

ただアイテム入手で道が開けるというよりは始めから全てのボス部屋に行くことができるので本当に自由度が高いです。
究極的には9面のボスから先に倒すことができます。まあよほど変なことをしない限りゲームの進行上普通は最初に2面のボスを倒しますけどね。
(1面にはボスがいません。1面からいろいろなワールドに行く感じ)
でもその後はどのボスから倒すかは完全に人それぞれになります。

自由度は高いですが、難しいということはないと思います。自由度の高い探索ゲームの入門編としてはとてもオススメ!

当然ボスを倒すのはこのゲームのほんの一部にすぎず、多くの宝箱や隠し通路が用意されています。
カービィシリーズでお馴染みのコピー能力を駆使して謎を解き、新たな道を探し、宝箱からアイテムを入手していくのがこのゲームの醍醐味。
斬る、叩く、火を点けるなどなど!あとはスイッチを押したり。
トーリーには関係のない寄り道大好きな人にはオススメのゲームです!


またこのゲームからスーパーデラックスにあったアクションのバリエーション、敵の耐久力が復活したりしてます。
これ以降のカービィシリーズはこのゲームに近いデザインになっていると思います。
スーパーデラックスよりはシンプルだけど楽しいアクションを楽しめる、そんな感じです。


バーチャルコンソールではできませんが4人同時プレイが可能で4人みんなバラバラで攻略したり協力したりするのが楽しいゲームでもありました。
ノーマルカービィの色変えが始まったシリーズでもあります。4つの剣みたいなオープニングです。


とにかく2D探索ゲームの名作の一つだと思います。他のカービィシリーズとは異色な感じですが絶対面白い!


何よりこれ楽しい!って思ったらメトロイドもプレイしてね!