読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じにつくす’s blog

単にいろいろ書きます。

ポケモンアニメの話 妄想でザックリ振り返る編

ネタが切れたのでポケモンアニメについて語ります。
一切ソースはないです、全て妄想で嘘もあります。



そもそもポケモンのアニメとは何なのか

おそらく「ゲームの最新作が発売するまでポケモンというコンテンツを終わらせないようにするため」です。
もともと1998年頃に発売するポケモン金銀までの繋ぎ役として1997年4月に誕生しました。
つまり1年でとりあえず区切りがつくように始まったってことです。
ニビシティに一瞬で到達してすぐにハナダに行ったりとジム戦かポケモンゲットをすることで話が進んでいきます。
そんな中でロケット団タイムボカンのパクリに。たぶんこのほうが話作りやすいしわかりやすいからね(笑)

主人公のパートナーがピカチュウになった理由は、最初の3匹のどれか1匹を選ぶと他のポケモンを選んだ子どもがかわいそうだから、だそうです。
まあ要はグッズ売上に偏りが出るのを避けたって感じ。そしてサトシはあとから最初の3匹全部ゲットします。
ピカチュウはゲーム内で序盤でゲットすることができ、覚える技がそのへんのポケモンにありがちなノーマルタイプの技ばっかり、じゃなくて電気タイプの技なので演出が派手にできるってメリットがデカい。
ピッピって話もあったけどギエピーがいるのでなくなりました。

そんなこんなでポケモンのアニメはゲームの世界を淡々と巡るお話でした。
(途中「アオプルコ」というオリジナルの場所でちょっとだけ寄り道しますがまあ予定通りです)

しかし事件が起きます。
ポリゴン事件ではありません。事件あったけどファンの皆様の支えによって復活できて良かったねめでたしめでたしって話で。
事件というのはポケモンの次回作、金銀の発売がズルズルと遅れてしまったことです。

このままではアニメのストーリーが終わってしまう!
というわけで引き延ばしが始まります。どこからか忘れましたけどサブタイトルリストを見ていただくと、あるところから突然サブタイトルが長くなっていることがわかります。
このあたりからグダグダになりました。初代四天王はカントー編では登場しなかったりゲームとも全然リンクしていません。
シルフカンパニー乗っ取りとかもないです。

アニメを終わらせるわけにはいかないので、ポケモンリーグでもサトシは途中で敗退させられます。
ベスト16だっけ?まあだいたいその後もベスト8くらいだったり。

それでもやっぱり金銀が発売されないので「オレンジ諸島編」がスタートします。
赤緑ではない色、って意味でオレンジ諸島です。
ラプラスに乗って南の島を巡るお話です。(ゲームとは全然関係のない)色違いのポケモンが多数登場してしまいました。
この時タケシがリストラされてケンジに代わりました。しかし人気がなかったのですぐに戻ります。
しばらくは何とかOPに出てきたり背景に映ったりしていましたが、今ではもういない扱いです。

そして満を持してポケモン金銀が発売されます。
そしてアニメもゲームの次回作までコンテンツを続けさせるべく金銀編に突入します。
ジョウト地方というポケモンの中で最も短い地方を次回作が出るまで3年間に引き伸ばすというとんでもないことになりました。
「まだ先に進まないのかよ」って言いたくなる進まなさです。はっきり言って飽きてきます。
ちなみにゲームを再現してるのもせいぜいワタルが出てくる、といった程度です。一応赤いギャラドスの話はありました。
まるで日常アニメ。このあたりで脱落者多数。
ちなみに話自体は結構面白いです。たまに見るとね。

金銀編一番の小ネタは「タケシのパラダイス」というエンディングテーマがPTAからの苦情により一瞬で終わってしまったってことでしょうか。
お・ね・え・さ・ん!くらい許してよママ………


3年後、ポケモンルビーサファイアが登場します。アニメのタイトルも「ポケットモンスターアドバンスジェネレーション」になりました。(以下ポケモンAG)
この時ついにカスミがリストラされました。
そして新たにゲームの女主人公のデザインのハルカが登場します。
ポケモンAGではポケモンコンテストというジム戦以外にも新たな要素が加わり、ちょっとだけ楽しみが増えました。
ジム戦一本だった今までに比べたら多少ストーリーが進んでいる気がします。
ただストーリーはグダグダです(ダイゴが単なる石ころオタクとしての登場で終わったり……)

サトシが最初のポケモン3匹全てゲットする設定からパーティー3人それぞれが1匹ずつゲットするようになったのもここから。
まあそのほうが手持ちに幅が広がるしね。固定されちゃぬいぐるみも売れない。

ポケモンAG開始から二年後あたりに突然ハルカの胸が萎みます。10歳にしてはデカすぎたね(笑)
この頃からポケモンに登場する少女の胸が抑えられます。理由は不明です。

また、ポケモンのアニメにおいて「じしん」がタブーになりました。理由は中越。仕方ないね。
それで1つ話がお蔵入りになっています。
「だいちのちから」はOKみたい。
ちなみに現在では東北の影響なのかタブーかどうかはわかりませんが「なみのり」や「だくりゅう」も登場しません。

ポケモンAGのホウエン地方での冒険は3年程度で終わり、ダイヤモンドパールが発売されるまでの残り1年はバトルフロンティア編になります。
なぜかカントー地方に舞台が移り、なぜかカントー地方バトルフロンティアが登場します(笑)
ここではサトシが昔ゲットしたポケモンが再び登場します。ケンタロスの活躍はここだけ!
でもピジョットなどのお別れしたポケモンは出てきません……。
ポケモンコンテストもカントー地方で開催されます。

ここで最後のバトルフロンティア、バトルピラミッドにて大昔の話が語られます。
むかーしむかし、ポケランティスという国がありましたが悪いことをしたのでホウオウに滅ぼされました~みたいな話です。(うろ覚え……)
闇サトシって検索すると出てきます。
ほとんど後付けの話なのですが(笑)半分はポケモン開始当初の構想が混じっている、と思います。

「ホウオウは世界を見守っていて人間が悪いことしたので滅ぼす」設定があり、それをサトシたちが止めるというのが当初のポケモンのストーリーだった、と勝手に解釈しています(笑)
まあ本当のストーリーがどうだったかはわかりませんが、少なくともホウオウがポケモンのアニメにおいて「最上位」の重要ポケモンであることは確かです。
アニメでホウオウが登場したのは遠くを飛んでいるのを目撃した、という程度でホウオウがメインになった話は一度もありません。
アニメ、映画含めて一度もまともに登場していない唯一の伝説のポケモンです。これは明らかに意図的。
きっとポケモンアニメの最終回のためにずーっと温存しているのでしょう……。


そんなこんなでポケモンAGが終了しダイヤモンドパール発売に合わせてポケットモンスターダイヤモンドパール(ポケモンDP)が始まります。
ここで大きくポケモンのアニメが変わります。シリーズ構成がつきました。これによりストーリーのグダグダが一気に解消されます(笑)

サトシのライバルとしてポケモン廃人のシンジくんも登場します。彼とヒコザルの話も一年近く続いたりとストーリーに深みを持たせました。

また新しく女主人公としてヒカリが登場します。
そして全国の女の子をターゲットにするためにサトシだけでなくヒカリも主人公級の扱いにすることになりました。
アイキャッチではヒカリが中央に、エンディングテーマもヒカリがメイン、冒頭の「サトシの冒険…」の部分が「サトシとヒカリの冒険…」に変わりダブル主人公が強調されます。
ただやってること自体はだいたいハルカと一緒です。
それでもポケモンコンテストで一次審査落ちが何回かあったりと、メインの回が増えてハルカに比べるとより主役らしくなっています。

このポケモンDPから(今となっては当たり前だけれども…)ゲームを重視しています。
ゲーム途中に一緒に戦うことになるキャラクターがアニメにも登場したり、ジムリーダーが複数回登場するのもこのポケモンDPの特徴です。
また四天王もしっかり登場し、チャンピオンシロナの出番も複数あります。
ナギサシティにジョウト地方のジムリーダー、ミカンが登場するところも再現(ゲームとアニメではミカンの性格が全然違うけどね!)
というわけで、ゲームをやってると「ニヤリ」とする部分がたくさん盛り込まれています。


ポケモンDPは終わりブラックホワイトに合わせてポケットモンスターベストウィッシュ(ポケモンBW)が始まります。

BWではサトシの顔が変化しました(笑)
それから女キャラクターがジムリーダー枠?のアイリスになりました。アニメではジムリーダーではありませんが。
またタケシがついにリストラ、イッシュ地方のジムリーダーの1人のデントが加わります。
ゲームも原点回帰!ということでアニメパーティーも原点回帰!ってわけですね。(ゲームのほうは何が原点回帰なのかよくわかりませんが…)
ゲームに合わせてアニメでも新しいポケモンしか登場せず、BGMもほとんどが新曲です(サントラほしい…)

ポケモンコンテストは廃止されてジム戦一本になりましたが、金銀編のようにダラダラと進行していくわけではありません。
BWには多数のサブキャラクターが登場し、ゲームキャラのベルちゃんだけではなくオリジナルキャラクターの登場回数も多めです。
これが結構魅力的なキャラクターばかりで登場するたびに喜んで見ていました。
ベルちゃん可愛い。

またBW自体は結構短めで終わり、エピソードN編に続きます。
エピソードNはまあNの話です、アニメでは触れられなかったのでここで触れることになります。
ここで旧ポケモンたちも登場し、リザードンなんかも登場したりします。


そんなこんなでポケモンはXY編になっていきます……みんな見てね!



まあポケモン金銀編は苦行ってことです……